読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 第4節】清水 2 - 3 鹿島 わずか14分で2点差をひっくり返して逆転勝ち3連勝!!!

 

そういえば日本平は鬼門でしたね...と気が付いたのは0-2になってから。

鬼門日本平に乗り込んでの2年ぶりの対戦は、一時は2点のビハインドを負う厳しい戦いになりました。

 

f:id:nvtomo:20170318163515p:plain

 

スタメンはリーグ戦前節から2名変更。

金崎、レオシルバに代わり、鈴木、永木が入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】清水×鹿島|逆転劇を演出した鹿島のレフティがMOM。清水の金子も高く評価 | サッカーダイジェストWeb

 

■一つのミスからの失点で試合を難しくしてしまった

前半は見せ場の少ない中盤のせめぎあいに終始する展開。

両チームとも繋ぎのパスでミスが目立ちました。

試合前に大量に散水していて選手が結構滑る場面が多かったですから、その影響でボールコントロールが難しかったのかも。

清水は時間の経過とともに、あまり前から追いかけてこず、自陣でしっかりブロックを作って待ち構えて守備をするようになり、徐々に押し込み始めましたが、一つのミスから失点をしてしまいます。

相手GKからのロングフィード鄭大世が競り勝ちましたがこぼれ球は植田の前へ。

植田の前には相手選手がいましたが、まさかその選手にクリアボール当てるとは夢にも思いませんでした。

そのままクォンスンテと1対1になってあっさり決められました。

守りを固めていた清水相手に先制されたことにより、試合は難しいものになっていきました。

 

■ミスを取り返した植田から始まった逆転劇

後半に入って攻勢を強めていきましたが、さらに守りを固めてきた清水を攻めあぐねました。

そうしている間に時間だけがどんどん過ぎていき焦りも出てきたのでしょう。

味方の体制が整っていないのにファールから慌てて再開し、相手にカットされてからのカウンターから2失点目。

これは敗戦やむなしと思われましたが、すぐに1点返したことで流れを一気に引き寄せました。

遠藤のFKを植田がヘディングで合わせ、公式戦2試合連続ゴール。

1失点目のミスを自ら取り返した格好です。

金崎、レオシルバと立て続けに交代カードを切ってきた鹿島は、一気呵成に責め立て、5分後には永木のアーリークロスを鈴木優磨がヘディングで決めて同点。

さらに6分後には遠藤のクロスが流れて真ん中で待ち構えていた金崎がトラップからのシュートで逆転。

何と、0-2になってからわずか14分で3点を取っての逆転劇となり、リーグ戦3連勝を飾りました。

2点目の優磨、3点目の夢生ともに簡単なゴールではありませんでしたけどね...

決まる時は決まるもんですねw

 

■選手短評

クォンスンテ:C

2失点はGKとしてはノーチャンス。手堅い守備、フィードで勝利に貢献 

伊東:C

得点には結びつかずも精度の高いクロス 

植田:C

1失点目は致命的なクリアミスも逆転に繋がるゴールで取り返す 

昌子:B

今日も安定感たっぷりの守備 

山本:C

特に悪い出来ではなかったが前半で交代。怪我? 

小笠原:C

守備面は問題なしも、欲を言えば攻撃面での貢献が欲しいところ 

永木:B

優磨の同点弾をアシスト。尻上がりに調子を上げてきた。 

遠藤:B

右サイドで攻撃の起点になり、2アシスト。 

土居:C

ピッチを縦横無尽に走り回るも、決定機への係わりが欲しい 

ペドロジュニオール:D

時折らしいプレーを見せるもボールロス多く厳しい評価にならざるを得ない 

鈴木:B

値千金の同点ゴール。90分間前線で起点になり続ける。 

西:B

後半頭から左SBへ。左サイドでボールを落ち着かせ攻撃の起点になる。 

金崎:B

怪我の影響で先発外れるもフルパワーで走り回り、逆転ゴール決める 

レオシルバ:C

今季初めてスタメンを外れる。短い時間では活きないタイプかも。 

 

J1は、代表選のため二週間の中断に入ります。

次節は4/1(土)アウエーでの大宮戦です。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ