アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

2018ロシアW杯プレビュー ~俺たちのサッカー( ー`дー´)キリッは世界に爪痕を残せるのか

無理だと思います( ゚∀゚)・∵. ガハッ!! あ、こんばんは( ´ ▽ ` )ノ ロシアW杯へ挑む日本代表23名が発表されましたね。 nvtomosoccer.hatenablog.jp ハリルホジッチ監督の電撃解任からおおよそ2か月。 忖度ジャパン 年功序列ジャパン とか言われ放題で震える西野ジ…

【J1 第15節】神戸 4 - 0 札幌 12試合ぶりの敗戦は2人退場、4失点とこれまでの上り調子が全て吹き飛ぶ完敗

快進撃がついに止まりました。 2トップ特にウェリントンの強さに屈した形で2失点し、反撃に出てリズムを掴み始めたところでの3失点目で勝負あった形でしたが、立て続けに2人の退場者を出して自分たちの手でとどめを刺した格好です。 スコア差ほど力の差はな…

【J1 第15節】鹿島 1 - 2 仙台 ACL勝ち抜けで緩みが出たかな...以外にも理由はありそうな完敗...11位で中断期間へ 

ACLラウンド16突破の勢いそのままに...とはならずに逆に緩みが出た感じの完敗。 ただ、理由はそれだけでなくもっと根本的なところにあるように私は思います。 リーグ戦は11位で2か月の中断に入ります。 スタメンはリーグ戦前節、第13節浦和戦から4名変更。 …

【ACLラウンド16 2ndレグ】上海上港 2 - 1 鹿島 神様仏様クォンスンテ様様なラウンド16突破

試合には敗れましたが、2戦トータル4-3でラウンド16を勝ち上がりました。 1-1で迎えた後半頭から2枚替えで勝負を掛けてきた上海上港相手に防戦一方でしたが、そこに立ちはだかったクォンスンテがスーパーセーブを連発し、疑惑の判定のPKによる1失点に抑えて…

【J1 第14節】FC東京 0 - 0 札幌 我々の現在地が確認できた雨中のスコアレスドロー

雨が強く降り続く中での2位、3位の上位対決はスコアレスドローに終わりました。 現・元日本代表が多く名を連ねる2位FC東京相手に一歩も引かなかった戦いぶりは、我々の現在地が順位に見合ったものであることを感じさせました。 スタメンは前節から1名変更。 …

【ACLラウンド16 1stレグ】鹿島 3 - 1 上海上港 CWCを思い起こさせる集中力の高さで快勝も、アウエーゴールが心残り

2016年クラブワールドカップを思い起こさせる集中力の高さで3点のリードを奪ったものの直後にアウエーゴールを許してしまいました。 その後も一方的に攻められたのをこの1失点に抑えられことで、準々決勝進出に大きく近づきましたが、このアウエーゴールが2n…

【J1 第13節】鹿島 1 - 0 浦和 2試合連続で”らしさ”を見せての連勝! いざACLラウンド16へ!!

リーグ戦は今季初の連勝らしいです。 そして2試合続けて”らしさ”を見せての連勝は、チームが上昇気流であることを示しており、ACLラウンド16へ向けてもいい結果だと言えそうです。 スタメンは前節から4名変更。 鈴木、中村、小笠原、内田に代わり、土居、永…

【J1 第13節】札幌 2 - 0 G大阪 防戦一方の後半にしたたかな追加点と言うらしくない戦いぶりでついに10試合負けなし

ついに10試合負けなし(7勝3分け)となりました。 下位に低迷しているとは言え連勝で上り調子のG大阪相手で厳しい戦いが予想されましたが、攻守に質の高さで勝った前半に先制し、G大阪が選手交代でギアを上げてきた後半は防戦一方になりながらもワンチャンスを…

【J1 第12節】鹿島 2 - 1 長崎 久しぶりに見せた”らしさ”は浮上のきっかけになるか

決して褒められた試合内容ではありませんでした。 低調と言ってもいい試合でしたが、その中で少ない相手の隙をしたたかに突いての2得点そしてリード後はしっかり守備ブロックを作り、危なげなく1点差を逃げ切ると言う常勝鹿島を支えてきた”らしさ”が久しぶり…

【J1 第12節】鳥栖 1 - 2 札幌 メンバー落として先制されても負けない札幌 9試合負けなしで3位浮上キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

正直勝てるとは思ってませんでした。 過密日程最中の遠く九州でのアウエー戦、そこから中二日で札幌での試合ということが考慮され、前線総入れ替え。 スコアレスドローでの勝ち点1も現実的な選択肢としてあっただろう中で先制されてこれまでかと思われました…

【J1 第11節】仙台 2 - 2 札幌 布陣変更失敗、退場で一人少なくなっても負けない札幌 8試合負けなし!

布陣変更が裏目に出て、退場者が出てと、負けてもおかしくない展開の中で、引き分けに持ち込んで8試合負けなし(5勝3分け)となりました。 10人になった直後に勝ち越したものの、最後のワンプレーで同点に追いつかれという悔しい結果ではありますが、アウエー…

【J1 第11節】横浜FM 3 - 0 鹿島 絶望、絶望、そして絶望

絶望感。 この一言に集約される試合でした。 ハイラインハイプレスという特殊な戦術相手に何も対策してこなかったとしか思えない緩い立ち上がりであっという間に2失点。 2点リードでペース緩めた相手に攻めるも共通意識のない攻めは機能せず、後半3点目を許…

【J1 第10節】札幌 2 - 1 横浜FM 後半ギアを上げて勝ち切った今年初厚別 7試合負けなし

今年初厚別は、まだまだ寒い4月平日のナイトゲーム。 雨が降り続きスリッピーなピッチコンディションも影響したような感じに見受けましたが、相手のハイラインハイプレスに苦しみました。 その上、前半終了間際に先制されましたが、後半ギアを上げて勝ち切る…

【J1 第10節】鹿島 1 - 1 神戸 この出来の相手に引き分けが精一杯という現状

改善の兆しは見えました。 見えましたがそれは相手の出来の酷さにそう見えた面も否めず。 その酷い出来の相手に個の力で先制され、追いつくのが精一杯というのが我がチームの現状です。 順位は14位。 早く手を打たないと手遅れになりますよ... スタメンは前…

【J1 第9節】浦和 0 - 0 札幌 ミシャサッカーのミラーゲームでは後れを取ったが十分な手応えを掴んだと言えるスコアレスドロー

新旧ミシャサッカーの教え子たちによる戦いはスコアレスドローに終わりました。 ミラーゲームを挑んできたミシャサッカーを知り尽くすホームチームに後れこそ取りましたが、全く歯が立たなかったわけでなく、十分な決定機を作ったうえでのスコアレスドローで…

【J1 第9節】川崎 4 - 1 鹿島 戻しかけた試合の流れを台無しにした一つの凡ミス

大敗です。 攻守にしっかりとした共通意識があり、チームとして戦えているホームチームに対し、攻守にチームの土台がなく個の力の集合体として戦っているアウエーチームとのチームとしての完成度の差は大きく感じました。 2点のビハインドから1点を返し、戻…

【ACL グループステージ第6節】鹿島 0 - 1 水原三星 過密日程下の消化試合で中途半端に主力を出して敗戦、さすがの大岩采配

敗れてもグループステージ突破が決まっている中で迎えた最終節。 怪我人が多すぎて、主力の半分を出さざるを得ない苦しい台所事情を鑑みても、交代カードには疑問符がつき、そして敗れてしまうと言う迷采配ぶりを発揮してくれた大岩監督。 解任はまだですか…

【J1 第8節】鹿島 2 - 0 名古屋 しっかりとした狙いが見えた快勝劇で連敗止める

前節の完敗後に開かれた選手同士のミーティングが功を奏したのか、久しぶりに一体感としっかりと狙いが見えたサッカーで、連敗を2で止めました。 これでまた解任は遠のきましたが、これをきっかけにチーム状態が上向くのであればそれもまた良しとしましょう…

【J1 第8節】柏 1 - 2 札幌 過密日程で怪我人続出の中、アウエーで価値ある逆転勝ち!4位浮上キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

苦しい苦しい試合でした。 中二日の過密日程に加えて怪我人続出、同じポゼッションサッカーを志向する柏にポゼッションで後れを取り自分たちのペースに持ち込めない中、前半早々に先制される展開での逆転勝ちは大きな大きな価値があり、チームにとっても大き…

【J1 第7節】札幌 1 - 0 湘南 ホーム連勝でまさかの6位浮上!これは春の珍事かそれとも...

後半アディショナルタイムの都倉弾でホーム連勝を飾りました。 これでリーグ戦4試合負けなし(3勝1分け)となり、課題の守備も3試合連蔵無失点といい内容の試合が続いています。 7試合を終えて3勝2敗2分けと白星先行となり、順位も6位浮上となりました。 これ…

【J1 第7節】FC東京 2 - 1 鹿島 監督の差が如実に表れた点差以上の完敗...解任以外に手立てはあるのか?

時間が経過するにつれて、攻守に組織立ったFC東京との力差が明らかになってきて観続けているのがつらい試合でした。 金崎の個の力で先制こそしたものの、室屋に同じ形でサイドを突破されての2失点。 反撃も、組織立った守備ブロックに手も足も出ず、点差以上…

ハリルホジッチ監督電撃解任に寄せて ~日本サッカー協会は自らの手で躍進の芽を摘んだ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ W杯前に久々に代表について語ろうと思ってたら、まさか解任について書くことになろうとは... 本日16時から緊急会見!日本代表のハリルホジッチ監督が解任へ | サッカーダイジェストWeb 週初めの朝、衝撃のニュースが飛び込んできました…

【J1 第6節】湘南 2 - 1 鹿島 このまま同点で終わってくれれば...の思いも虚しくラストプレーで勝ち越しを許す

ここ数試合の体たらくを思えば、内容的には盛り返してきていて、苦手としている湘南スタイルを上手くいなしていて、このまま引き分けで終わっても評価できる内容ではと思いを巡らせていた中、まさにラストプレーで勝ち越しゴールを決められました。 引き分け…

【J1 第6節】札幌 3 - 0 名古屋 今季ベストゲームでJ1に戻ってきた名古屋を完全粉砕

一年でJ1に 戻ってきた名古屋をホームで完全粉砕しました。 名古屋のキーマンであるシャビエルを欠いていたとは言え、相手の良さを完全に封じ込めた内容は間違いなく今季ベストゲームと言えます。 スタメンは前節から1名変更。 深井に代わり、荒野が入りまし…

【ACL グループステージ第5節】上海申花 2 - 2 鹿島 2点差を追いついてのグループステージ突破でも晴れぬモヤモヤ感

2点のビハインドを追いつき、アウエーでの勝ち点1、そしてグループステージ突破。 結果だけ見ればポジティブに考えられるんですが、、、絶望感漂う前半45分がどうしても頭から離れず、モヤモヤ感がどうしても晴れません。 ここで大鉈を振るう必要があるので…

【J1 第5節】鹿島 0 - 0 札幌 明暗くっきりなスコアレスドロー

スコアレスドローに終わった試合ですが、試合後の両チームの明暗はくっきり分かれていました。 これまで6戦全敗だった鬼門カシマスタジアムで初の勝ち点を獲得した札幌。 札幌に終始主導権を握られ、空中分解寸前に見えた鹿島。 どちらが明でどちらが暗かは…

【J1 第4節】鳥栖 0 - 1 鹿島 神様仏様クォンスンテ様な薄氷のウノゼロ

まさに薄氷のウノゼロでした。 早い時間に先制したものの、得点力不足は解消されず、鳥栖の猛攻を受け続けてしまう展開に。 それを勝ちゲームにできたのはクォンスンテの安定感のあるプレー振りであり、神様仏様クォンスンテ様様な勝ち点3でありました。 ス…

【J1 第4節】札幌 2 - 1 長崎 今季公式戦初勝利をもたらしたのは昨年のお家芸でした

ペトロヴィッチ体制公式戦初勝利をもたらしたのは、皮肉にも昨年のお家芸だったセットプレーからでした。 J1初昇格を果たした長崎の寄せの早さに何もできなかった前半の姿が、北海道コンサドーレ札幌の現在地。 まだまだ厳しい戦いは続きます。 スタメンは前…

【ACL グループステージ第4節】鹿島 1 - 1 シドニーFC ベストな結果とはいえないが過密日程の中で価値のある勝ち点1ではないだろうか

ホームだと言うことを考えればベストの結果とは言えませんが、グループリーグ首位の立場で、中二日続きでの3試合目の過密日程と言うことを考慮すれば、価値のある勝ち点1ではないかと思います。 次節引き分け以上でグループリーグ突破が決まります。 スタメ…

【J1 第3節】札幌 1 - 3 清水 毎試合3失点してて勝とうというのがおかしな話

待ちに待ったホーム開幕戦は、今のチーム力が如実に表れた完敗に終わりました。 週中のルヴァンカップに続いて3試合連続の3失点。 相手より1点でも多くとれば勝ちなのがサッカーのルールですが、さすがに取られ過ぎなのは明らかで、まずは守備意識を整備した…