アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

2014シーズンを振り返る<コンサドーレ札幌編>

 

今ごろかよ(*`Д´)ノ以下略・・・(笑) 

2013シーズン後半の戦いぶりから2014シーズンの飛躍が

期待されたコンサドーレですが、まさかの監督交代劇もあり、

まさかの10位に沈みました。 

 

f:id:nvtomo:20150125161930p:plain

 

シーズン当初こそまずまずのスタートでしたが、内村の故障離脱ぐらい

から雲行きが怪しくなってきました。

チームのエースの離脱で、エースの決定力頼みであった攻撃が停滞し、

点が取れなくなっていきました。

そもそも財前監督の下、パスワークを磨いてきましたが、いかに点を

取るかのアイディアに欠けていたように思いました。

8/17の山形戦を最後に財前監督は解任されました。

チームは13位にまで順位を落としていました。

 

f:id:nvtomo:20150125161953p:plain

 

バルバリッチ監督に代わって、劇的によくなったかというと

成績的にはそんなに変わらず。

3-4-2-1に変えてバックラインに落ち着きを与え、堅守速攻で都倉の

対人の強さを 活かすサッカーに変えることにより勝ち点こそ拾える

ようになったけれども、4バック相手に脆さを見せて、プレーオフ

にまではたどり着けませんでした。

都倉のバックアッパーがいなかったことと、上原慎の故障離脱が

非常に痛かったかなと。

 

■収穫

・都倉が完全にエースに

・上里の完全復活

・パウロンに安定感が

 

■残念

・上原慎、砂川の故障離脱

小野伸二

 

2015年に向けての課題は、奈良くんの抜けた穴をどう埋めるかですね。

櫛引の覚醒に期待したいところ。 

 

2015年の展望はまた別の記事で。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ