読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

2015年 J1リーグ大会方式を解説する

 

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今年からJ1は2ステージ制になります。

2ステージ終わってからのチャンピオンシップ出場チームの決め方がとにかく難しい。 

明確になっていない部分もあるのですが、自分の理解をまとめてみました。 

間違いなどありましたらコメント欄でご指摘お願いします。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログへ

 

■日程■ 

========== 

f:id:nvtomo:20150215145022p:plain

========== 

■ルール■

========== 

〔チャンピオンシップ1回戦、準決勝〕
[1]各ステージの1位チーム、年間勝点2位、3位チーム(合計4チーム)による、ノックアウト方式のトーナメント戦(1回戦制)。
[2]1stステージ1位または2ndステージ1位のうち、年間勝点が上位のチームと年間勝点3位チーム、1stステージ1位または2ndステージ1位のうち、年間勝点が下位のチームと年間勝点2位チームによる1回戦を行い、1回戦の勝利チームが準決勝に進出し、準決勝の勝利チームが決勝に進出する。
[3]年間勝点1位チームと、各ステージ1位のチームが重複した場合は、年間勝点1位チームはチャンピオンシップ決勝にシードされる。
[4]各ステージの1位チームおよび年間勝点2位、3位チームが重複する場合は、各ステージ1位チームがシードされる。 ただし、チャンピオンシップ出場権を持ったチームが降格対象となった場合は、参加資格を失う。
[5]一回戦の試合会場はステージ1位チームをホームとする。
準決勝の試合会場は1回戦の勝利チームのうち、年間勝点が上位のチームとホームとする。

〔チャンピオンシップ決勝〕
[6]年間勝点1位のチームと、チャンピオンシップ準決勝の勝利チームがホーム&アウェイで対戦。
[7]試合会場は第1戦をチャンピオンシップ準決勝チームのホームとし、第2戦を年間勝点1位チームのホームとする。

========== 

 

う~ん、これだけだとよくわかりませんね。 

いくつか例を考えてみましょう。

========== 

例1.

1st優勝:A 

2st優勝:B

年間勝点1位:A

年間勝点2位:B

年間勝点3位:C

 

f:id:nvtomo:20150215145921p:plain

年間1位、2位とステージ1位が被るので、

年間1位Aは決勝にシード、1回戦なしで、年間勝点2位と3位の準決勝となります。

これはまだわかりやすい。

 

例2.

1st優勝:A 

2st優勝:B

年間勝点1位:C

年間勝点2位:D

年間勝点3位:A

 

 

f:id:nvtomo:20150215151953p:plain

1st優勝と年間勝点3位のAが準決勝にシードされ、2st優勝のBと年間勝点2位のDによる1回戦の勝者と対戦となります。

ステージ優勝がないCが決勝にシードされるところが、2ステージ制と矛盾してますね。

 

続いては1回戦からフルで試合のある、興行的には一番望まれる例です。

 

例3.

1st優勝:A(年間勝点4位) 

2st優勝:B(年間勝点5位)

年間勝点1位:C

年間勝点2位:D

年間勝点3位:E

 

f:id:nvtomo:20150215192737p:plain

ステージ制覇しているチームが年間3位以内に入れないとか、あまりないと思いますけどね。 

で、気がついたんですが、ステージ制覇してなくての年間勝点1位ならまだわかるんですが、2位とか3位とかのチームがチャンピオンシップに出れるのって何か非常に違和感。

 

最後はステージ制覇したチームが降格してしまった場合。

降格チームはチャンピオンシップには出れません。

 

例4.

1st優勝:A 

2st優勝:B(年間勝点16位で降格)

年間勝点1位:A

年間勝点2位:C

年間勝点3位:D

 

f:id:nvtomo:20150215194235p:plain

Bは2stステージを制覇してますが、降格になったためチャンピオンシップには出れず、勝ち点2位のCが準決勝に進出します。 

 

パターンとしてはこの4つぐらいかと思いますが、やっぱりわかりづらいですね。

プロ野球クライマックスシリーズをパクっているらしいですが、プロ野球は1シーズンですからね。

こっちの方がわかりづらいですね。

 

個人的には1シーズンの盛り上がりに勝るものはないと思っているのですが、ファン層拡大に繋がるか見守りたいと思います。 

 

 ↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログへ