読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 第12節】鹿島 2 - 2 広島 ジネイ デビュー戦で初ゴールも守備陣が不安定さを露呈

 

ジネイがデビュー戦で途中出場。

出場直後から前線からのプレスと的確なポストプレーなどでチームを活性化し、一時は逆転となるゴールを決めましたが、守備陣が不安定さを露呈しドローとなりました。

 

f:id:nvtomo:20150516203631p:plain

 

スタメンは前節と同じ。

前半は両チームとも守備重視な守り合いで0-0。

鹿島の方が好機はありましたがシュート判断が遅く決められず。

このチーム、よくない時はシュート判断が遅いのですよね。 

 

www.youtube.com

 

後半、広島が一段ギアを上げてきたことから試合が動き始めます。

鹿島の得点は、土居の突破からのPK獲得とジネイの初ゴール。

失点はいずれもDF陣の軽率なミス。

1失点目は曽ヶ端のボーンヘッド

曽ヶ端はセービングだけ取ればまだまだ衰えてないですが、瞬時の判断力に大きな衰えが見えます。

 

7節で与えた決勝点も瞬時の判断誤りが招いたものでした。

GKの後継者問題が大きな課題になって来ましたね。

 

nvtomosoccer.hatenablog.jp

 

最後にジネイについて。 

デビュー戦としては期待値を大きく超える働きだったのではと思います。

前線からのハードプレスと安定したポストプレーでチームに前へ前への意識を与えてくれましたし、オフザボールの動きだしは連携が取れてくるに従ってゴールを量産してくれる雰囲気がしています。

これほどの選手をベンチに置いておくのはもったいないですから、ダヴィが復帰したら2トップが現実的な線ですかね。

 

次節は5/23(土)アウエーで首位レッズ戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ