読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 第13節】浦和 2 - 1 鹿島 悔しいけれどチーム力の差な逆転負け

 

首位浦和を相手に優位に試合を進め、相手のオウンゴールで先制するも、浦和の選手交代に対応できず逆転負け。

悔しいけれど首位とのチーム力の差があることを認めざるを得ない結果となりました。

 

f:id:nvtomo:20150524074548p:plain

 

前節から3名変更。

GKは開幕戦以来の佐藤。

怪我の山本に代わり昌子が左SB。

CBには植田が久しぶりに入りました。

ワントップは前節ゴールを決めたジネイが初スタメン。

 

試合はジネイの前線からのプレッシャーを起点に鹿島が優位に試合を進めます。

前節もそうでしたがジネイは前線からよくボールを追いかけてくれます。

しかもただやみくもに追いかけるのではなく巧くコースを切って効率的なプレッシャーの掛け方でした。

先制点は相手のオウンゴールでしたがそれを引き出したのはジネイのプレッシャーです。

攻撃でも精度の高いポストプレーで攻撃の起点となりました。

強さよりも巧さが目立ちますが、ときおり見せたタックルの強さにまだまだ底が見えない凄みを感じます。

連携面がよくなっていった時が楽しみです。

 

www.youtube.com

 

同点の場面。

後半途中から入ったズラタンオフサイドぎりぎりから抜け出してのワンタッチクロスを武藤が頭で押し込んだもの。

ズラタンに出た時点で鹿島の真ん中は2枚でしたがその内の1枚、西がゴールラインを割ると思ったのかスピードを緩めてしまいそこを武藤に突かれた形でした。

また、ズラタンのクロスはゴールラインぎりぎりからだったので、選択肢としてはクロスしかない場面でした。

曽ヶ端であればクロスを直接パンチングできていたように思います。

開幕戦以来の出場の佐藤は概ね無難なプレーでしたが飛び出しに難ありかなと感じました。

 

後半選手交代を契機に一気にギアを上げた浦和と1点取って安心したわけではないでしょうがそれについていけなかった鹿島。

個の力では全く劣っているとは思いませんがチーム力の差が出た試合かなと思います。

浦和の選手は終盤足の攣りを気にする選手が続出しましたが選手同士が声を掛け合ってチーム一丸で戦い続けていました。

今年の鹿島はそういうのがあまり見られないですよね。

『戦う気持ちが見られない』と言われるのはその辺が原因かもしれません。

 

もう1点、今年は球離れの遅さが目につきます。

どこに出そうか考えている間に相手に寄せられて後ろ向きなパスを選択せざるを得ないという場面をよく見ます。

こんな状態が続くようでは到底上位なんか狙えないですよ。

 

次節は5/30(土)ホームでの松本戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ