読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 2nd 第14節】鹿島 3 - 2 柏 鈴木優磨の決勝ゴールで執念の逆転勝利!!

 

2ndステージも残り4試合。

2ndステージ制覇に向けて1つも落とせない中、開始早々にカウンターで先制するも逆転される苦しい展開でしたが、後半ATに19歳の新鋭 鈴木優磨の決勝ゴールで執念の逆転勝利。

首位広島を勝ち点差なしでぴったり並走しています。 

 

f:id:nvtomo:20151017205505p:plain

 

スタメンは前のリーグ戦から2名変更。 

土居、青木に代わり赤崎、ファンソッコが入りました。

 

www.youtube.com

 

電光石火のカウンターで先制するも・・・

先制は試合開始早々の前半3分でした。

小笠原からの縦パス一本で裏に抜けだした赤崎の、正に電光石火のカウンターが決まりました。

前掛かりでプレスしてくる柏の裏を見事に突いた形でした。

しかし、この後がよくなかったですね。

CBが不安定なのはいつものことですが、今日はボランチの守備もまずかったです。

二人とも前に釣り出される場面が目立ち、CBとボランチの間のスペースがぽっかり空いて、そこを突かれるという結果に。 

そして、曽ヶ端のフィードも不安定で攻撃の起点になれないどころか度々ピンチを招く場面も。

2失点目は曽ヶ端のまずいフィードが起点でした。 

 

後半、相手のペースダウンを逃さず主導権を取り戻す

先制点以降、前半は全くいい所がなかったですが、後半に入り柏がペースダウンしたのを見逃さず主導権を取り戻しました。

金崎の同点ゴールは中村の見事なドリブル突破が起点。

中村、赤崎の続けざまのシュートは菅野の好セーブに阻まれましたが、そのこぼれ球を金崎が執念で押し込みました。ゴールポストに激突しながら押し込むという正に気持ちで押し込んだ同点ゴールでした。 

 

決勝ゴールは出場わずか8分で結果を出した19歳の新鋭 鈴木優磨。

カイオのシュート性のボールを大外から押し込みました。

出場試合数、時間はわずかですが、出場した試合では何らかしらのインパクトを残していて、この先の成長が楽しみになる逸材ですね。 

 

次節はDFライン2人が出場停止

 

この試合で警告を受けた西とファンソッコが次節出場停止。

特に西が出れないのは痛いですね。

代わりに出ると思われる伊東の奮起に期待するしかないですね。

ファンソッコの代わりは植田と思われますが、怪我の青木が間に合うのではという情報もあります。

 

次節は10/24(土)アウエーでの湘南戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ