読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

鹿島アントラーズ 2015年を振り返る

鹿島アントラーズの2015年が終わりました。

 

J1 1st:8位(勝ち点22 6勝7敗4分 得点27失点25)

J1 2nd:2位(勝ち点37 12勝4敗1分 得点30失点16)

J1 年間総合:5位(勝ち点59 18勝1敗5分 得点57失点41) 

ナビスコカップ:優勝

天皇杯:3回戦敗退 

 

2012年シーズン以来のナビスコカップ制覇を果たしたものの、リーグ戦は2ndステージをあと一歩のところで逃し、チャンピオンシップには進めず年間総合でも5位に終わり来シーズンのACL出場権を得ることはできませんでした。 

 

■公式戦5連敗のシーズンスタート

f:id:nvtomo:20151129174035p:plain

 ACLから始まった2015シーズン。

ACL2連敗からスタートするとその悪い流れを引きずるようにリーグ戦も2連敗スタート。

過密日程+世代交代を意識しての選手入れ替えがものの見事に外れた感はありますが、この時点から危うい雰囲気満載のセレーゾ体制でした。

まだ金崎はチームに馴染んでなく赤崎も怪我でワントップが固定できなかったのも苦しかったですね。

 

■一時は立て直すもDFが安定せず成績も安定せず

公式戦5連敗の最悪スタートでしたが、その後は6試合負けなしと、ACLもあと一歩で予選突破まで行きましたが勝ったり負けたりを繰り返し、リーグ戦も中位に低迷しました。

その要因は一にも二にもDFの不安定さ。

無失点試合は公式戦16試合目のFC東京戦が初だったことからわかる通りですが、得点後にあっさり失点と言う場面を何度見たことか...

今思えば、練習でスライディングを禁止していたことなどから来る球際の厳しさの欠如から来るものなのかなと。

 

1stは8位に終わりました。

 

f:id:nvtomo:20151129190021p:plain

 

■セレーゾ電撃解任からの大反攻

2ndステージになってからも戦いぶりに改善は見られないどころか、どんどん悪くなってきました。何と言うか成績がついてこないことにより選手たちのプレーに迷いが見られるようになってきました。

新潟相手に何とか逆転勝ちしたものの内容で圧倒され、5失点明けの清水とスコアレスドロー、6失点明け7連敗中の松本に完敗と、ともに来シーズンJ2降格となった相手に低調な戦いが続き、フロントがセレーゾ解任を決断しました。

 

nvtomosoccer.hatenablog.jp

 

そしてこの大きな決断によって、アントラーズは息を吹き返しました。 

f:id:nvtomo:20151129201304p:plain

就任後リーグ戦6連勝と奇跡のV字回復を成し遂げました。

球際の強さが戻り、GKを曽ヶ端に戻したことにより守備が安定し始めたのが二大要因。短期間でここまでチームを立て直した石井監督の手腕にはすさましいものがありました。 

 

■石井監督の評価

短期間でチームを立て直した石井監督ですが、試合経験を積んでいくにつれ悪い面が出てきました。

試合中の修正力の低さです。

とにかく選手交代が遅く、プラン通りに試合が運ばなかった場合の采配に疑問符がつくようになってきました。

就任直後は思い切りの良さがありましたから、結果が出てきたことによって逆に本来の慎重さが出てきてしまったのかなと。

一時は首位につけていた2ndステージも山と見られていたガンバ、浦和に敗れ、湘南スタイルに屈し、2位に終わりました。

ですがナビスコカップ決勝ではリーグ戦で連敗したガンバ相手に3-0と完勝し、チームとしての成長を見せてくれました。

石井監督の采配にも成長が見られました。 

 

■来季に向けて

手前味噌ではありますが、シーズン終盤のチーム力ではリーグトップクラスだったと自負しており、弱点を補強し、強みを維持できれば来季こそは頂点を目指せるのではないかと思います。

補強ポイントとしては、

一に曽ヶ端に代わるGKの獲得なのかなと。

ここ数シーズン言われ続けている事ですが、なかなか補強が叶わないポジションです。

今シーズンは一時佐藤にその役割が期待されましたが、、、到底曽ヶ端を超える活躍はできず、、、実力で曽ヶ端を超えるGKの獲得を望みます。

個人的にはコンサで控えに甘んじている金山辺りがよいのかなと思ってますが、コンサと契約してしまったようです。。。

次なる補強ポイントはボランチ

柴崎に海外移籍の噂が出ていますが、それがなくても小笠原の年齢を考えると山村を加えた3名だけでは不安が残ります。柴崎移籍なら2名獲得したいところです。

湘南の永木、獲得できるとよいですけど。。。

3点目はFW。

金崎の完全移籍が叶えばそれだけで大きな補強ですが、欲を言えば外国人選手も獲得したいところ。

ダヴィの契約満了は決まってますが、ジネイはまだ決まってません。

ジネイは怪我が多くなければ文句なしの実力何ですけど...ね。

最後に欲を言えば不動の左SB山本とポジションを争える選手が出てくれば盤石の布陣になります。

今シーズンずっと不安定だったCBは終盤の踏ん張りを続けてくれることを期待して、補強なしでよいかなと思ってます。

植田にもっと奮起して欲しい!

 

来季こそリーグ制覇、そしてナビスコ天皇杯含めた三冠ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

と行きたいですね!! 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ