読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J2 第6節】町田 2 - 0 札幌 やはり都倉がいないと...と言わざるを得ない完敗

20.コンサドーレ

 

体調不良で急遽欠場となった都倉の不在を攻守に感じさせ、今年からJ2に昇格した町田ゼルビアに苦杯を喫しました。

どうやら今年も都倉頼みの糞サッカーになってしまうようです。 

 

f:id:nvtomo:20160403150520p:plain

 

スタメンは前節から4名変更。

都倉、マセード、櫛引、阿波加に代わり、ヘイス、宮澤、稲本、クソンユンが入りました。 

 

www.youtube.com

 

■攻守に都倉不在を感じさせた前半

都倉の代わりに入ったヘイスは、ボールこそ収まりますが全体的に運動量に乏しく、足も遅いため、容易に対応されてしまい、前線の起点には辛うじてなれていたかもしれませんが、脅威には全くなれず。

前線からの守備もあまりしないタイプのようで、前半のみで交代となりました。

普段は都倉の前線からのプレスで守備のスイッチが入る的なところがありますから、攻守に都倉不在を大きく感じる前半でした。

ヘイスは初のスタメンで、これまでは途中出場でボールがよく収まったので一度スタメンで見てみたいと思ってましたが、、、菅くんがいい働き見せてくれましたので、もうベンチ入りも難しいかもしれません。

 

■後半開始から2枚替えで流れを変えるも・・・

四方田監督にしては珍しく積極的な采配でした。

後半開始からヘイス、稲本に代えて、内村、上原を投入しました。

稲本は開幕戦以来のスタメンでしたが運動量が少なく全く目立たなかったですね。

まだコンディションが戻りきっていないのかもしれません。

前線に運動量のある内村を投入することで流れを取り戻し攻勢を仕掛ける場面が出てきました。

それでも決定的な場面までを作りだすまでは至らず。

逆に後半終了間際に追加点を奪われジエンド。

後半途中から入った菅くんのプレーだけが好材料でした。

 

次節は4/9(土)ホームでの岡山戦です。

鹿島クラスタな私としては、元鹿島の岩政、鹿島から期限付き移籍中の豊川のいる岡山を迎えてのホームゲームは楽しみにしている試合の一つ。 

現地に行くかどうか検討中です。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ