読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J2 第10節】札幌 1 - 0 徳島 勝ちに不思議の勝ちあり...ななななんと自動昇格圏浮上

 

2試合続けてのホームでの試合。 

下位に沈む徳島相手に先制するも、その後は決定機自体作れず。

逆に押し込まれる展開が続きましたが、徳島の拙攻に助けられ逃げ切りに成功。

勝ち点で並んだセレッソを得失点差で交わし自動昇格圏の2位に浮上しました。 

 

f:id:nvtomo:20160429162109p:plain

 

スタメンは前節から1名変更。

深井に代わり稲本が入りました。

 

www.youtube.com

 

■内村らしい裏への抜け出しからの先制点 

試合は徳島がポゼッションするという予想外の展開で始まります。 

徳島と言えば守備から入るチームとイメージしてましたが、スカパー解説の吉原さんの札幌が敢えて攻めさせてると言う発言にもある通り、DFラインをある程度低くしてまずは守備重視から入るのが今季の札幌ですね。

そしてボールを奪ってからの早い攻めで先制して逃げ切ると言うのが今季の札幌。

今日も今季の札幌を象徴する先制点でした。

相手GKのフィードが中途半端になったところを堀米→ジュリーニョが頭で繋いで、持ち前のスピードで裏へ抜け出した内村がダイレクトでゴール右隅に突き刺しました。

もうここしかないというコースにダイレクトで叩き込んだ素晴らしいゴールでした。

 

■勝ちに不思議の勝ちあり...

その後もいくつかチャンスはありましたが、追加点は奪えず前半終了。

後半に入って明らかにペースが落ちて、前への推進力がなくなり追加点が望めない展開に。

追加点が奪えず追いつかれ勝ち越されというのが昨季までの札幌でしたが、今季の札幌はこれを守りきれてしまうんですよね。

それだけ今季の札幌は守備が堅いんです( ー`дー´)キリッ

と言えればいいんですけど...ね。

割と相手の拙攻の助けられてというケースが多いんじゃと思ったりなんかしてます。

後半に入ってからはカウンターも仕掛けられず、前線でキープできる時間も作れず、いつ失点しても不思議ではない展開でしたが、徳島は明らかに攻撃のアイディアに欠けていて、札幌のゴールを脅かすには至りませんでした。

 それでも最後はドキドキもんでしたけどねw

 

■自動昇格圏浮上!!この勢いはどこまで続くのか?

なんとなんと、連敗を喫したセレッソを得失点差で交わして、自動昇格圏である2位に浮上しちゃいました( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!

まだまだ序盤戦とはいえ、とても2位と胸を張って言える内容ではないのですが、チームに自信が出てきているのも確かで、このまま結果を出し続けていれば内容もよくなっていくのではないかなと思います。

 

攻撃は前線の個の力頼みですので、都倉・ジュリーニョが抑えられるようになった時が課題ですかね。

 

次節は5/3(火・祝)アウエーでの金沢戦です。

アウエーですが最下位に沈む金沢相手にしっかり勝ち点3を持ち帰りたいですね。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ