読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J2 第22節】C大阪 0 - 0 札幌 アウエーの頂上決戦はスコアレスドローに終わる

20.コンサドーレ

 

長いJ2もひと回りの対戦が終わり後半戦へ。

いきなりの1位-2位直接対決の頂上決戦はがっぷり四つで見応えのある好ゲームとなりました。

結果はスコアレスドローに終わり首位を堅持。

不動の守護神クソンユンが負傷で途中交代するというアクシデントの中でのアウエー勝ち点1は悪くなく、上位との直接対決3連戦の一ヤマ目を無事に越えたと言えるでしょう。 

 

f:id:nvtomo:20160709222107p:plain

 

スタメンは前節から3名変更。

ジュリーニョ、前(寛)、進藤に代わり、都倉、上里、菊池が入りました。

鳥栖から期限付き移籍したばかりの菊池がいきなり先発出場で台所の苦しさが伺えます

(´-`).。oO(っていうか櫛引はどうした)

 

www.youtube.com

 

■頂上決戦に相応しい好ゲームに 

試合序盤こそ個の力に勝るセレッソに主導権を握られますが、札幌も都倉、ヘイスにおさめてからの速攻で好機を演出し、頂上決戦に相応しい好ゲームになりました。

札幌は都倉とヘイスがともに前線でのおさまりどころとして機能したのが大きかったですね。これがなかったら押されっ放しの展開となって恐らく点を取られていたでしょう。

ヘイスが計算できるようになったのが非常に大きいですね。

内村やジュリーニョと言ったスピードのある選手を切り札として残しておけますからね。

この試合でも後半投入された内村が決定機を作り出してましたし、ヘイスの活躍により戦力に一段と厚みが出てきたのは間違いがないです。

 

■クソンユン負傷交代も久しぶりにらしさを見せた金山 

双方の韓国人GKの攻守で締まった試合になりましたね。 

セレッソのキムジンヒョンはいいキーパーですね。

彼でなかったら2点は取れてたんじゃないかと思います。

クソンユンがセレッソ時代に彼を超えられなかったのは年齢差を考えるとしょうがないのかなと思わざるを得ません。(でもクソンユンが札幌で成長した今は互角かなと思ってますが) 

そのクソンユンがゴール前での競り合いで負傷交代を余儀なくされました。

幸い軽傷っぽく、リオ五輪へは問題なさそうですが肝を冷やしました。

交代した金山、前回クソンユン不在時は2試合で5失点と散々でしたが、久しぶりに好セーブを見せて汚名を少しは返上できたのではないでしょうか?

クソンユンがリオ五輪で不在の間ゴールマウスを任せられるだけのポテンシャルは間違いなくあると思ってますので、これで少しでも自信を取り戻して欲しいと思います。 

 

■次節は岡山とのアウエー

上位との直接対決3連戦の初戦を乗り切り、次節は岡山とのアウエー戦です。

アウエーとは言え、セレッソとの勝ち点差を考えると勝ち点3が欲しいところ。

 

次節は7/16(土)19:00キックオフです。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ