読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J2 第23節】岡山 0 - 0 札幌 2試合連続のスコアレスドローも何とかかんとかの首位キープ

 

上位直接対決3連戦の2戦目。

アウエーに乗り込んでの岡山戦。

初戦が引き分けに終わったことにより勝ち点3が欲しい一戦でしたが、岡山のカウンターに手を焼き、攻めに人数が掛けられず2試合連続のスコアレスドローに終わりました。

松本、セレッソ大阪と勝ち点47で並びましたが、得失点差で辛うじて首位をキープ。

次節は得失点差で1差の2位松本との直接対決です。

 

f:id:nvtomo:20160716212007p:plain

 

スタメンは前節と同じ。

前節負傷退場したクソンユンも間に合いました。

 

www.youtube.com

 

■被シュート2本も岡山のカウンターに大いに苦しめられる

岡山を被シュート2本に抑えましたが、その少ないシュート数の割には岡山の早めに裏を狙うカウンターに大いに苦しめられた感があります。

中でも矢島→豊川のホットラインがよかったですね。

一回完全に裏を取られて、GKと1対1の場面があって万事休すと思われましたが、クソンユンが身体全体で止めてくれました。

豊川は鹿島アントラーズから期限付き移籍している選手なので、彼の活躍が嬉しかったり(((( ;゚д゚)))アワワワワしたり複雑な心境でしたw 

 

そして岡山のカウンターを警戒するあまり、攻撃に人数を割けなかったのが地味に効いてました。

両WBの石井、堀米の上がりが少なくサイドからの攻めが機能しませんでしたね。 

 

■スタメンに速さの駒が足りない攻撃陣

ここ2試合前線は都倉、ヘイス、荒野で固定されてます。

内村、ジュリーニョと言う速さのある選手を切り札としてベンチに残している戦術ですが、その分スタメンは速さの駒が足りなく、攻撃のバリエーションが少なくなって迫力に欠いてますかね。 

ヘイスはFWの選手ですが、自陣まで深く下がってボールを受ける動きや守備に奔走する姿はトップ下が適任なんでしょうね。

繋ぎですとか守備での貢献度は高いですが、FWとしての貢献度は決して高くないです。

彼をトップ下で使い、内村、ジュリーニョのどちらかをスタメンで使う方がいいと思うんですけどね。

それとも次の松本戦のために二人を温存してるのかもしれません。

もしそうだとしたら四方田監督恐るべしなのですが... 

 

■勝ち点47で3チームが並ぶ

これで2試合連続の引き分けで下位との差が縮まって来ました。 

勝ち点47で松本、セレッソ大阪に並ばれましたが得失点差で辛うじて首位を守りました。

 

1位:札幌 47(+18)

2位:松本 47(+17)

3位:C大阪 47(+13)

 

2位松本は5連勝中、3位セレッソ大阪は7試合負けなし(6勝1分け)とともに勢いがあります。

 

次節は2位松本をホーム迎えての一戦です。

不動の守護神クソンユンはリオ五輪のため次節から当分不在となります。

今後を占う上で非常に大切な一戦です。

 

次節は7/20(水)です。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ