読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 2nd 第7節】鹿島 0 - 1 仙台 一つの凡ミスでまさかの3連敗...これは重症です

10.アントラーズ

 

これまでの試合に見られなかった守備ラインを低くした慎重な立ち上がりで、何とかして先の失点は避けようという気持ちは見られましたが、一つの凡ミスで全てが台無しに。

攻めても、攻撃のバリエーションの少なさからチャンスは少なく、決定機も相手GKの好守に阻まれ2試合連続の無得点。

これで3連敗となり、2ndステージ、年間1位は限りなくノーチャンスになり、チャンピオンシップに向けていかに調子を上げていくかに主眼をおくことになりそうです。

 

f:id:nvtomo:20160806213903p:plain

 

スタメンは前節から3名変更。

赤崎、永木、ブエノに代わり、杉本、小笠原、ファンソッコが入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】鹿島 0-1 仙台|ビッグセーブ連発の仙台の守護神がMOM。3連敗の鹿島は金崎が奮闘も… | サッカーダイジェストWeb

 

■改善が見られた守備陣だが...一つの凡ミスで失点

試合開始して守備陣に一つの変化が。

これまでCBの左だった昌子が右に入ってました。

ここ数試合、西のサイドが不安定でその対策として昌子が右のCBに入ることを自ら提言したそうです。

また、これまでと違い守備ラインを低くした慎重な立ち上がりだったのもあり、2ndステージ一番と思われるほど安定した守備陣でした。

失点するまでは...

西のバックパスが相手へのパスになってしまいそのまま決められると言う、、、とてもプロとは思えない凡ミスでした。

相手にも寄せられてたので、あそこは安全にクリアでCKになってもやむなしの場面でしたが、あそこでPAのど真ん中にバックパスする意味がわからんです、はい。

まずは守備から入り、後半勝負のゲームプランと思われてましたが、、、凡ミスからの失点で全てが台無しになりました。

 

■もっと攻撃のバリエーションを増やさないと...

またも先に失点し、点を取りに行かないといけなくなりましたが、遠藤が足を痛めて途中交代して前半でカードを一枚切らないといけなくなりました。

シュート打った後ですぐに交代を申し出たのですが、長引かないことを祈りたいです。

後半開始から杉本に代わり中村を入れ、ギアを上げて勝負に出たのですが、なかなかシュートまでは行けません。

前節のブログでも書いたのですが、フィニッシュまでに手数を掛け過ぎで、かつサイドを深くえぐってからのクロスを狙うだけのワンパターンな攻撃が完全に読まれていて、途中で止められてしまうんですよね。

それでも何回かはフィニッシュまでは行けたんですが、それも相手のGK関の攻守に阻まれまして。

カイオがいなくなったことで、遠目から積極的に狙う選手がいなくなって守りやすくなっているのかなと。

元々攻撃のバリエーションは少なかったんですが、カイオの個人プレーがあったから少なくは見えなかったんでしょうね。

カイオの移籍で攻撃の問題点が一気に噴出した形で、これはちょっと重症で時間が掛かるかもしれません。

ファブリシオでそれが解決できないとチャンピオンシップへ向けてつらくなってきます。

 

次節は8/14(日)アウエーでの福岡戦です。

そろそろファブリシオデビューでしょうか?

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ