読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 2nd 第9節】鹿島 1 - 0 湘南 降格圏の相手に連勝もチーム状態は上向かず...

10.アントラーズ

 

前節に続いて降格圏に沈む相手に勝利し、2ndステージ2回目の連勝。

連勝しましたが、相手の低調さに助けられた部分は否めず、チーム状態は上向かないまま。

途中交代に対し、監督に激高した金崎を見るに、チームの雰囲気はどうなんだろうと心配になった一戦でした。

 

f:id:nvtomo:20160820204036p:plain

 

スタメンは前節と同じ。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】鹿島×湘南|エース交代でひと騒動も…一瞬の隙を突いた鈴木が決勝点 | サッカーダイジェストWeb

 

■さっぱり噛み合わない攻撃...交代に激高した金崎に表れるチーム状態

前節に続いて、本職FWの選手を前線に並べてきましたが、ボールのつなぎ役が不在で攻撃の形が作れず、シュートにまで持ち込めない序盤でした。

みんな決して悪い出来ではないのですが、攻撃の連動性がないといいますか、パスが繋がらず、どんな練習してるんだろうと疑問に思ってしまうぐらい噛み合わない攻撃。

思うに、自由を与えすぎなんじゃないかなと。

上手くいっている時はそれでもいいんでしょうが、今のように上手くいってない時は選手それぞれのイメージが違っていてさっぱり噛み合わないという感じでしょうかね。

この試合低調な出来でついに途中交代を命じられた金崎は石井監督の握手を拒否し激高してましたが、このシーンにチームの雰囲気が表れているのかなと思ったりしたわけです。

石井監督、選手に優しすぎて舐められてるんじゃないっすかね。

ちょっとこれは簡単には上向きそうになく重症ではないでしょうか。

 

■さっぱり内容が伴わないけれども2連勝

というわけでさっぱりな出来ではあったわけですが、前線にFWを4人揃えてごりごり力づくで押し込む始めるように。

6連敗中で降格圏に沈む湘南も負けず劣らず低調な出来で、個の力の差が前半の中盤から出始めました。 

金崎がエリア内で後ろから倒された場面がPK取られずと言う不運もあり前半は0-0で終了。

試合の行方も疑惑の判定をきっかけに決しました。

CKをトラップした鈴木が後ろから倒されて、敵味方誰もがPKか!と動きを止めたが笛は鳴らず。一番最初に気持ちを切り替えた鈴木がゴールへ押し込んで先制。 

この1点を守り切って連勝となりました。

結局この試合2回も明らかなPKを見逃されたわけでして、高山主審やっぱり...と感じた試合でした。 

 

6試合ぶりのクリーンシートとなった守備陣は相変わらず昌子の八面六臂の活躍が光りましたね。彼がCBの右側に入ってから守備はだいぶ安定して来たように思います。 

 

次節は8/27(土)アウエーでの横浜FM戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ