アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【2016 J1】残留争いの行方 ~闘莉王の電撃復帰で様相が一変し、残り3試合

 

2018ロシアW杯アジア最終予選とYBCルヴァンカップで中断していたJ1も今週末から再開します。

残り3試合となったJ1の残留争いを占います。

 

<<前記事>>

nvtomosoccer.hatenablog.jp

 

残り7試合時点での記事も参考にしてください。

 

■現況

 

現在、降格圏周辺の順位は以下の通り。

 

13位:磐田  勝ち点32(-13)

14位:新潟  勝ち点30(-12)

15位:名古屋 勝ち点29(-15)

↓降格

16位:甲府  勝ち点28(-25)

17位:湘南  勝ち点21(-28)

↓↓↓↓↓降格確定↓↓↓↓↓

18位:福岡  勝ち点19(-32)

 

12位より上は残留が確定しています。

18位の福岡はすでに降格が確定しています。

17位の湘南も残り3試合全勝しても勝ち点30に留まり、残留は風前の灯火です。

 

闘莉王電撃復帰の名古屋が降格圏を脱出

闘莉王電撃復帰後3勝1敗の名古屋が降格圏を脱出しました。

もうこれは神様仏様闘莉王様というほかないですね( ゚∀゚)・∵. ガハッ!! 

新監督のシンプルな戦術も一因かと思いますが、闘莉王の闘魂注入効果が絶大なんだと思いますよ。

私は精神論はあまり好きじゃないのですが、こういうギリギリの戦いで効いてくるのは気持ちですからね。

 

残留争いの行方

福岡の降格が確定し、湘南も99%固いと思われ、残り一枠を巡っての4チームの戦いになるかと。

 

13位:磐田  勝ち点32(-13) 名古屋(A)、浦和(H)、仙台(A)

14位:新潟  勝ち点30(-12) 浦和(H)、G大阪(A)、広島(H)

15位:名古屋 勝ち点29(-15) 磐田(H)、神戸(A)、湘南(H)

16位:甲府  勝ち点28(-25) 福岡(A)、湘南(A)、鳥栖(H)

 

右が残り3試合の対戦相手です。

次節の名古屋 vs 磐田の直接対決が大きく行方を占いそう。

磐田は勝てば残留の可能性が高くなりますが、負けるようなことがあると、、、厳しくなってきます。

14位新潟は3試合とも厳しい相手で3連敗も十分あり得そう。

逆に現在降格圏16位の甲府は福岡、湘南との対戦が残っており、対戦相手には恵まれています。

 

まとめると、最後の降格枠は

 ◎新潟

 ○甲府

 ▲磐田vs名古屋で敗れたチーム

という予想です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

にほんブログ村 サッカーブログへ