読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 2nd 第16節】鹿島 0 - 1 川崎 チャンピオンシップの前哨戦に敗れるも上向きつつあるチーム状態

10.アントラーズ

 

リーグ戦も残り2試合。

チャンピオンシップ初戦で戦う可能性のある川崎をホームに迎えました。

最近のチーム状態から、ボコボコにされる姿しか思い浮かびませんでしたが、下馬評を覆す戦いぶりで主導権を握るまさかの展開。

しかし、クロスバーを3回も叩く不運や見事なゴールをオフサイドとされ、判定にも恵まれない中で、川崎にワンチャンスを見事に決められての敗戦。

これで3連敗とはなりましたが、全くのノーチャンスと思われたチャンピオンシップに一筋の光明が見られるゲーム内容でした。 

 

f:id:nvtomo:20161029171210p:plain

 

スタメンは前節から3名変更。

土居、柴崎、伊東に代わり、鈴木、小笠原、西が入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】鹿島 0-1 川崎|川崎が“年間1位”に望みをつなぐ完封勝利! ビッグセーブ連発のGK新井がMOM | サッカーダイジェストWeb

 

■戦前の予想に反し... 

最近のチーム状態からボコボコにされる姿しか想像できませんでしたが、予想に反し、効果的なパスカットで川崎にいいようにポゼッションさせない展開からスタートしました。

怪我の柴崎に代わり小笠原が入ったことで守備が締まりましたね。

永木も小笠原がいることで思い切りよくプレーできていたような。

攻撃陣では鈴木がトップに入り、身体を張っていい起点になり、金崎の負担が軽減できていたのが大きかったかと。

鈴木はやはりトップでこそ活きる選手だと思うのはこういう身体を張れるところなんだと思うわけです。

そして怪我明け二戦目の遠藤の動きがよくなってきたことと、同じサイドの西とのパス交換がいい攻撃のリズムを生んでいました。

伊東だとこういうのは難しいでしょうね。

 

■決めきれない中ワンチャンスを決められる

いい守備から徐々に主導権を握り始め、決定機もいくつかありましたが決めきれず、前半は0-0で終了。

ファブリシオがコンパクトに振り抜いたミドルはバーを叩き、金崎はGKとの1対1で股間を抜き切れず。

今日はCKで後ろに下がってることが多かった昌子のミドルもバーを叩きました。

 

後半に入り、さらに押し込み始め、先制は時間の問題と思われましたがトラップが大きくなったりといったプレーの精度が若干悪く、決めきれず。

こういう時って、逆に一発でスカッとやられるんだよなあ(´-`).。oO

と思ってたらスカッとやられました( ゚∀゚)・∵. ガハッ!! 

前節に続いて、ファブリシオのマークが甘くて、あっさりと裏にパスを通されて、GKと1対1の場面を作られます。

これは曽ヶ端がよく弾きましたが、こぼれ球を森本に押し込まれ先制を許しました。

ファブリシオは、鹿島のサイドハーフとしては守備の甘さが致命的で、スタメンで起用するのはリスクが大きいですね。

 

■チャンピオンシップに向けて視界よし?

失点後も小気味よいパス回しで押し込みますが、結局追いつけないまま試合終了。

見事に決まったかに見えたファンソッコのヘディングがオフサイドと判定されたのが痛かったですね。

オフサイドの選手もいましたが、遅れて最奥に入ってきたファンソッコはオンサイドで、スローで見ると明らかなんですけどね。。。

 

これでリーグ戦3連敗となりましたが、復調気配が見えて、チャンピオンシップに向けては視界よしなのかなと。

今のままの年間順位ですとチャンピオンシップ初戦で川崎と当たりますから、今日の試合内容は大きな自信になるでしょう。 

 

最終節は、11/3(祝)ホームでの神戸戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ