読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J2 第39節】札幌 4 - 1 讃岐 ホームの熱い声援を追い風に連敗ストップ!!次節にもJ1昇格か

20.コンサドーレ

f:id:nvtomo:20161103223347j:image

 

今年3回目の参戦は、雪が降るほどの寒さとなりました。

 

連敗を喫しお尻に火がついた札幌でしたが、いつもより熱いホームの声援を追い風に、前半から怒涛のゴールラッシュで苦手の讃岐を一蹴。

嫌なムードを払拭するとともにJ1昇格に大きく前進しました。

他のチームの結果次第では次節にもJ1自動昇格の2位以内が決まります。

 

f:id:nvtomo:20161103213349p:plain

 

スタメンは前節から5名変更。

内村、前(貴)、上原、永坂、増川に代わり、ジュリーニョ、石井、荒野、菊池、河合が入りました。

 

www.youtube.com

 

■ホームの熱い声援を背に立ち上がりからの猛攻

雨と雪が入り混じる、11月初旬としては季節外れの寒さでしたが、ドームの中はサポーターの熱い熱い声援に溢れてました。 

連敗を喫して2位松本に迫られお尻に火がついた札幌の選手たちにとって、この熱い声援は大きな後押しになりました。

立ち上がりから猛攻を仕掛け、わずか3分で先制します。

福森がショートコーナーで讃岐の守備をずらしてからのクロスを都倉が頭が折り返して、中に飛び込んだジュリーニョが身体で押し込みました。

綺麗なシュートではありませんでしたが、その分気持ちが前面に出ているのが伝わるゴールでした。

 

ジュリーニョ、荒野が入ったことで選手間の距離感が改善された 

この試合、中三日の過密日程も考慮されてスタメンの半分を入れ替えてきましたが、中でもジュリーニョ、荒野が入ったことで、ここ数試合課題であった選手間の距離感が改善され、連動した攻撃が戻ってきた感じがしました。

二人とも前線と守備陣の間に入ってよくボールを受け、攻撃にリズムを出していました。

荒野は怪我明けということもあって、最初は試合勘の欠如がありありでしたが、徐々に持ち味を発揮して守備に攻撃によく走ってくれました。

四方田監督が荒野を重宝するのは、こういう献身性なんだなと思います。

 

■前半だけで勝負を決めた

早い時間に先制しましたが、2点目がなかなか取れないのが今季の札幌。

いつもですと追加点が取れず、徐々に相手に押され、という展開が頭をよぎりましたが11分に追加点が入りました。

これまた福森のセットプレーからで、バックラインとGKの間の絶妙な位置へのクロスにマークを見事に外した都倉が飛び込みました。

 

www.youtube.com

 

動画を見ていただけるとわかりますが、荒野が上手いこと都倉をマークしていたエブソンをガードしたことで都倉がフリーになれましたね。

 

3点目はその荒野が決めます。

堀米のロングシュートがぶれ球になりGKが弾いたところをいち早く反応した荒野が押し込みました。よく走っているがこそ決められるゴールなんだと思います。

 

その後、菊池が足を痛め負傷交代するタイミングでCKの守備がずれ1点返されますが、直後に追加点を上げて再び3点差に突き放しました。

またまた福森のセットプレーからで、相手ディフェンスのオウンゴールを誘う見事なプレースキックでした。

 

前半だけで4-1と3点リードし、後半こそ追加点ありませんでしたが、内容では危ない場面はなくそのまま試合終了。

球際の甘さ、低いバックラインと讃岐の出来の悪さもありましたが、J1昇格への強い気持ちで圧倒した札幌が勝利しました。 

 

■次節にもJ1昇格決定の可能性が 

2位松本、3位清水がともに勝ちました。

 

1位:札幌  勝ち点81(+32)

2位:松本  勝ち点78(+28)

↑自動昇格圏↑↑↑↑↑

3位:清水  勝ち点75(+45) 

4位:セ大阪 勝ち点69(+13)

 

4位セレッソ大阪は敗れ、自動昇格圏の望みがほぼほぼ絶たれ、自動昇格圏は上位3チームの争いになりました。

札幌は残り3試合で勝ち点4を取れば、他の結果に左右されず自力で2位以内が決まりますが、次節にも2位以内が確定する可能性があります。 

具体的には3位清水の結果次第なんですが

・札幌が次節勝った場合は、清水が引き分け、負け

・札幌が引き分けた場合は、清水が負け

以上のケースで札幌の2位以内が確定し、2011年以来5年振りのJ1昇格が決まります。 

 

次節は中二日、11/6(日)アウエーでの徳島戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ