読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 第3節】札幌 1 - 1 C大阪 相手に敬意を表しすぎた前半が悔やまれる勝ち点1

20.コンサドーレ

f:id:nvtomo:20170311224436j:image

 

同じ昇格組のセレッソ大阪を迎えてのホーム開幕戦に参戦してきました。

開幕連敗スタートとなり何としても勝ち点3が欲しかったところですが、早い時間にセットプレーから失点し、戦い方を難しくしてしまいました。

後半にギアを上げ同点に追いつきますが、勝ち越すまでには至らず勝ち点1に終わりました。

正直出来のいいとは言えないC大阪相手にホームで勝ち点1に終わり、5年ぶりのJ1勝利は次節に持ち越しとなりました。

 

f:id:nvtomo:20170311211806p:plain

 

スタメンは前節から1名変更。

進藤に代わり宮澤が入りました。

試合前のスタメン発表では菊池が入っていましたが、試合前のウォームアップで負傷し、急きょキムミンテが入ることになりました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】札幌×C大阪|清武は好機逃すも周囲から抜群の信頼感。MOMは空中戦で絶大な存在感を見せた北のエース | サッカーダイジェストWeb

 

■相手に敬意を示しすぎた前半

今日も3ボランチで入った札幌。

清武、柿谷、山口蛍と言った、タレント揃いの相手に敬意を示して守備重視で入った前半でしたが、正直なところ敬意を示すほどの出来ではなかったですな( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!

イマイチ迫力は感じなかったですよね。

それでも、やはりこのチームはソウザなんだなと感じさせる精度の高いフリーキックから失点したのは痛かったですね。

 

札幌の攻撃ですが、3ボランチにしている影響で起点に欠いている印象。

真ん中で構えている都倉と、引いて受けるジュリーニョの2枚ですが、2枚いても受ける位置が違うので相手としては対策がしやすく起点が作れずな前半でした。

去年のように、トップ下、例えばヘイスがいると3人で流動的に役割を変えつつ起点になれてたので相手に的を絞らせなかったんですけど。 

 

■同点に追いつき攻勢強めるも...

後半に入りギアを一段上げてきた札幌。

具体的には都倉がサイドに流れてボールを受けることが多くなってきました。

都倉はポストプレーよりもこういうサイドに流れて受ける方が得意ですからね。

得点までには至らずも流れを引き寄せると、マセード、金園、内村と、攻撃のカードを立て続けに投入し、勝負に出ます。

まず、マセードが右サイドを制圧しチャンスを作り出すと、内村はサイドに流れてて起点になり、金園は真ん中で体を張って起点になります。

今季初得点となる同点はサイドに流れた内村からのクロスに都倉が飛び込んだもので、二人ならではの阿吽の呼吸が生んだシーンなのかなと。

 

同点に追いつきさらに攻勢強める札幌にアクシデントが。

ここまでチーム一の運動量でピッチを走り回っていた兵藤がセンターサークル付近に倒れ込みました。

現地で観ていて、筋肉系のトラブルにも見え、すでに交代枠を使い切っていることもあり、残り時間10人で戦うことも覚悟しましたが、両足を攣ってしまっただけだったようですね。

それでも交代枠が残っていれば交代させるぐらいの状態ではあったわけで。

やむを得ず兵藤を前線に残す急造シフトに。

これで勢いが衰えてしまった感がありますが、チーム一走って貢献していた兵藤は責められませんよね...

両足攣っている状態でも前線で起点になり、キープはできずともファールをもらいマイボールにする姿勢はさすが長年J1でレギュラー張ってきた実力者だなと感心せざるを得ませんでした。 

 

■試合終了と同時に倒れ込んだ選手たち

ということで、試合はこのまま1-1で終了。勝ち点1を分け合う形となりました。

負けなくてよかったという反面、この出来のセレッソに勝ち点3を取れなかったのは痛く、前半の入り方がホントにもったいないよなと思うばかりでした。

 

それでも勝ち越しを目指しての頑張りは現地で観ていて凄く引き寄せられ、また観に行きたいなと思わせる熱い試合をしてくれたと思います。

試合終了と同時に多くの選手がその場に倒れ込み、まさに死力を尽くしての勝ち点1が次に繋がることを願いましょう。 

 

次節は3/18(土)ホームでの広島戦です。

次こそ勝ち点3!! 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ