読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 第5節】大宮 0 - 1 鹿島 内容では圧倒するも土居の一刺しで何とかかんとかの4連勝

 

二週間の中断が明けました。

開幕4連敗中の大宮相手に一方的な展開でしたが、最後の一押しがなかなか決まらない苦しい試合になりました。

 

f:id:nvtomo:20170401210717p:plain

 

スタメンは中断前の前節から3名変更。

永木、伊東、クォンスンテに代わり、レオシルバ、西、曽ヶ端が入りました。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】大宮×鹿島|王者・鹿島が貫禄の勝利。大宮は泥沼の5連敗に… | サッカーダイジェストWeb

 

■内容的には圧倒するもスコアは”ウノゼロ”

立ち上がりから速いパス回しで圧倒し、この時間に先制できていればもっと楽な試合になったはずですが、そこで先制できなかったことで難しい試合になりましたね。

試合を通して決定機はほとんど与えませんでしたが、こちらも決定機と言えるのは数少なく、その少ない決定機もミスだったり、好守にあい決められず。

後半に入ると、決定機どころかアタッキングサードまでもなかなか入れなくなり、時間だけがどんどん過ぎてゆき引き分けも頭を掠め始めた時にようやく先制点が入りました。

大宮陣内での縦パスが安部に引っ掛かって緩くなったのをレオシルバが奪取し鈴木へ。

鈴木はドリブルで進みながら、左脇を猛烈に駆け上がってきた土居にスルーパス

土居は相手と競り合いながらノートラップでゴールの右端に流し込みました。

決して簡単なシュートではなかったと思います。

試合前、いいのが来たらぶすっと決めたいと語っていた土居の一刺しが試合を決しました。

 

■二週間の中断で格段に良くなった連携面

試合はその後、守備に重点を置いて、虎の子の1点を守り切りました。

空中戦で危ない場面はあって結構冷や冷やしましたね...

 

さて、内容面では圧倒したわけですが、二週間の中断で連携面が格段に良くなったのが要因なのかなと感じました。

特にペドロジュニオールですね。

明らかに彼の良さが活きるようになってました。

それでもまだまだなのかなと思う場面も少なくはなかったですが、裏を取るスピードを周りがもっと生かせれば得点も取って行くようになるのではないでしょうか?

 

■選手短評

曽ヶ端:C

無失点も空中戦で不安定さを露呈。

西:C

久しぶりのスタメン。ボランチ、右SHもこなしオールラウンダーぶりを発揮。

植田:B

昌子と二人で完封に貢献。

昌子:A

ムルジャを完璧に抑える。

山本:C

何度かいいクロスを上げられる。攻撃面での特筆すべき内容なし。

小笠原:B

いつも通りバランサーに徹した

レオシルバ:B

休養バッチリで好守に走り回る

遠藤:C

攻撃の起点にはなったが決定機を決めれず

土居:B

値千金の決勝ゴールはそんなに簡単なシュートではなかった

ペドロジュニオール:C

だいぶ良さは出てきたものの、まだまだできるはず。

鈴木:B

決勝点アシストは走り込んでくる土居をよく見てた

安部:C

攻撃で片鱗は見せるものの守備はまだまだ

伊東:-

右SBで守備固め

三竿健:-

終了間際に出場

 

次節は4/8(土)ホームでのC大阪戦です。

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ