読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 2nd 第15節】FC東京 2 - 1 鹿島 お得意様相手にいいところなしの完敗です...

10.アントラーズ

 

代表戦、ルヴァンカップで中断していたリーグ戦が3週間振りに再開。

残り3試合となった2ndステージで、チャンピオンシップへの足がかり掴みたかったところですが、お得意様であったはずのFC東京にいいところなしの完敗。

怪我人が戻ってきた中でのこの完敗劇は、チャンピオンシップへの不安を通り越して、そもそも出場していいもんなんだろうか、、、という気さえ抱かせてしまう内容でした。

 

f:id:nvtomo:20161023092052p:plain

 

スタメンは3名変更。

赤崎、小笠原、植田に代わり、遠藤、ファブリシオ、昌子が入りました。

怪我人がほぼ戻ってきたようですね。

 

www.youtube.com

 

【J1採点&寸評】FC東京×鹿島|8年ぶりに鹿島を撃破!殊勲は決勝点の元日本代表FWだ | サッカーダイジェストWeb

 

■生命線の両サイドハーフが大誤算

試合開始から10分ぐらいまでは互角の展開だったのかなと。

球際の激しい好ゲームの予感をさせましたが、緩慢な守備からの失点から一方的な展開になってしまいました。

中盤で土居がボールを奪われると、スルーパス一本で河野に簡単に抜け出され決められてしまいます。

河野についていたのはファブリシオですが、マークが甘く簡単にスルーパスを通されてしまいました。

挙句の果てには、追うのをあきらめてライン上にもいないのにオフサイドを主張しまして、、、そんなことする暇あったら最後まで諦めずに追いかけんか(*`Д´)ノって思いました。

前の試合途中出場でいいところを見せてくれたので、個人的には期待して見ていたのですが、攻撃面では簡単に倒れすぎてファールすら取ってもらえず、守備面では大きな穴になってと大ブレーキ。

間違いなく敗因の一つになり、少なくてもスタメンでは難しいのかなと。

そして負傷明けの遠藤は立ち上がりこそいくつかいいプレーはありましたが、すぐに目立たなくなり前半のみで交代。

まだまだコンディション的にスタメンでは厳しいのかもしれません。

 

鹿島の生命線である両サイドハーフの不出来が試合の流れを決定づけてしまった印象で、先制して守りを固めてきたFC東京に対してパスが繋がらず、逆にショートカウンターを食らう場面が目につきました。

 

■解説の中田浩二さんの一言が全て

後半頭から鈴木を投入して反撃に出ますが、流れを変えるまでには至らず。

逆に2点目を決められて勝負あり。

後半ATに1点を返しますが時すでに遅し、1-2で試合終了。

3週間の中断があり、怪我人もほぼ戻ってきた中での完敗はショックが大変大きく、チャンピオンシップそもそも出る資格があるの?それどころじゃないでしょう(*`Д´)ノ

と言ったチーム状態。

 

スカパーの解説だった中田浩二さんが言っていた一言が今のチーム状態を表していると言えます。

 

FC東京は組織で戦っていたが鹿島は個々の力だけで戦っていた」

 

まさにそうで、1stステージこそ制しましたが、カイオや金崎の個の力に頼っていたところが大きく、カイオが抜けて金崎のマークが厳しくなってチーム力が激落ちしてるのかなと感じています。

個人的には、石井監督ではこれ以上組織として力を付けて行くことは難しいと思っており、来シーズンは別の方に監督をお願いするのがいいんじゃないかなと。

 

次節は10/29(土)ホームでの川崎戦。

チャンピオンシップの前哨戦で維持を見せられるかはたまた...

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ