読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J2 第4節】清水 0 - 2 札幌 内容が悪くても勝つことがあるからサッカーは面白い

 

試合開始から1年でのJ1返り咲きが至上命題の清水相手に圧倒される時間が多く、得点されるのも時間の問題と思われましたが粘り強い守備でそれを耐え忍ぶと、ラッキーな2ゴールを守りきりまさかのクリーンシート。

スコアからは想像できない試合内容でしたがそれでも勝つことがあるのがサッカーの面白いところですね。

 

f:id:nvtomo:20160320213230p:plain

 

スタメンは前節から3名変更。

石井、上里、河合に代わり、堀米、前(寛)、増川が入りました。

 

www.youtube.com

 

■ラッキーな2ゴール

試合開始から清水の速い攻めに防戦一方で、失点するのも時間の問題な展開でしたが、セットプレーからのラッキーな2ゴールで勝利。

先制点はオウンゴール。福森のCKがピンボールのように相手DFに当たってのゴール。 

2点目も福森が起点。FKがポストを叩くと相手DFが外に出そうとしたボールがGKにあたりゴール前に戻って来てそれを都倉が押し込みました。

2点目はラッキーとは言いつつ、福森のFKがよかったですね。 

 

■粘り強さが目立った守備は及第点

攻撃面は2点を取ったこと以外はさっぱりで、特に後半は決定機なしでしたが、

守備面では粘り強さが目立ち、及第点を与えられるのではないでしょうか。 

戦術的には恐らく宮澤、前(寛)、深井が3ボランチを形成して、清水の真ん中からの攻めを早めに摘む作戦が功を奏した格好ですね。 

そしてクロスに対しては増川が高い壁となって防いでくれました。 

 

■後半息切れするも守備的な交代が功を奏した

今日は珍しく(就任後初?)四方田監督の采配が光りました。

守備面での貢献度の薄い、ジュリーニョ、マセードを早めに下げ、前線から守備のできる内村、CBの櫛引を入れ、高さに不安のある福森を一列上げ、守備を固める交代策で清水に反撃のチャンスを与えませんでした。 

攻撃面では都倉に疲れが見え始め機能しなくなってきてましたから効果的な交代だったのかなと。 

 

■6位浮上!もっと上に行けるか?

4試合終えて2勝1敗1分。

順位は6位に浮上しました。

意外にやるな( ̄▽ ̄)っていうのが個人的感想ですが毎年出足はそんなに悪くないんですよね。

振り返れば昨年も4試合終えて2勝1敗1分。 

今年は結構恵まれてる感があるので、ここからさらに上に行くにはまだまだレベルアップが必要なのかなと。 

 

次節は3/26(土)ホームでの京都戦です。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ