読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ\(^O^)/

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。

【J1 2nd 第17節】鹿島 1 - 0 名古屋 今季公式戦ラストを勝利で飾るも...2015年はナビスコの1冠に終わる

 

2ndステージ最終節。

名古屋のパワーで押してくる攻撃を何とか押さえきり、最終戦を勝利で飾りました。

2ndステージは2位で終えるも1stステージの低迷が響き、年間総合では5位に終わりチャンピオンシップには進めませんでした。

天皇杯も既に敗退しており、少し早いシーズンオフに突入です。

 

f:id:nvtomo:20151122172736p:plain

 

スタメンは前節から1名変更。

金崎に代わり中村が入りました。

 

www.youtube.com

 

■カイオ無双な最終戦

金崎が代表で負傷してきたため、カイオがツートップの一角に入りました。

正直不安な要素でしたが、うまくフリーでボールを受けて自分の形でゴールに向かっていけましたね。昨季いや今季も最近まではなかなか自分の形に持ち込めないでボールを奪われる場面が多かったですから、最近の成長ぶりには目を見張るものがあります。

石井監督のもとで大きく成長した選手の一人かなと思います。

 

■2点目取れなく後半は防戦一方

試合は鹿島優勢で進むも前半は0-0。

後半に入り一段ギアが上がった感じで、中村充孝がワンテンポずらしたミドルで先制。

このシーン、何故か線審が旗を上げてましたがオフサイドなはずはなくゴールは認められました。

この試合、主審をはじめとした審判団のジャッジがとにかくおかしかった。

近年まれにみる下手くそ審判団だったんじゃ。

まあそれはともかく先制後も攻め続け、2点目取れてたらそこで大勢は決してたんじゃないかと思いますが、楢崎の攻守もあって2点目が取れないとペースは名古屋に。

ノヴァコビッチを入れて前線を闘莉王、川又も含めた3トップに。

この高くて強い3トップに防戦一方に追いやられました。

たまに繰り出すカウンターもフィニッシュまでは持っていけず、追いつかれるのも時間の問題と思われましたが、守備陣が最後まで踏ん張りました。

特にCBの昌子とファンソッコはナビスコ決勝以降、いいプレーが続いてますね。

もっと早くこういうプレーが出来ていれば、、、とか思っちゃいましたw

変に繋ごうとか考えず、シンプルなプレーに徹してるのがいいですね。 

 

www.youtube.com

 

■早すぎるシーズンオフ突入

今季公式戦ラストを鹿島らしい1-0で勝利しました。 

2ndステージは2位でフィニッシュですが、1stステージの低迷が響き年間で3位以内に入れず、チャンピオンシップに勝ち進むことができませんでした。

天皇杯も敗退しているため、早すぎるシーズンオフ突入となりました。 

石井監督の続投は決まっているようですが、外国人選手の去就や期限付き移籍の金崎の去就はこれからの話し。

柴崎には海外移籍の噂もあるようです。 

来シーズンの飛躍が期待できるような戦力が整うことを祈るばかりです。

 

近いうちに2015年の振り返りを投稿したいと思います。 

 

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ